元外交官が教えるベトナム人と結婚する方法

旧称「サイゴンの色(しき)を好む」から名称変更。 外務省社会人採用からの文部科学省出向からのベトナム国ホーチミン市(サイゴン市)赴任。 英雄色を好むの色(いろ)を色(しき)と読み、日本の四季と違って年化を通じて安定した気候に恵まれたサイゴンの色(しき)を好む英雄の集まりに焦点を当てる。

カテゴリ: バイクメンテ

あいにくの雨の中での給油である。
IMG_20170114_172133

前回給油 2017/01/09 距離計 22,613km
今回給油 2017/01/14 距離計 22,744km
費用70,000VND(362円) ÷ 走行距離131km = 2.8円/km

年末、空気を入れる目的でバイク屋に行ったら、ホイールのゆがみを指摘され、交換を勧められた。
年明けの旅行後に行ったらオイル交換も勧められた。

足回り交換により、ホイールとタイヤ、ブレーキパッド、ブレーキディスクも新品となった。
IMG_20170104_164545
IMG_20170104_164601


また、オイル交換の結果、赤い表示が緑となった。
↓交換前
IMG_20170104_164632

↓交換後
IMG_20170104_165443

実は2016年09月21日にオイル交換をしており、その時のエントリがこれ
http://sa1g0n.blog.jp/archives/7347747.html
なんと、表示が赤である!
この店、本当にオイル交換をしたのか怪しいものである。
下手をすると、4月にバイクを買ってから1回もオイルが交換されてなかった可能性もある。うひょーん。

今回は旅行先での給油となった。

前回給油 2016/12/28 距離計 22,400km
今回給油 2017/01/03 距離計 22,527km
IMG_20170103_121745

走行距離 127km 費用 70,000VND(356円)
356 ÷ 127 = 2.8円/km

あけおめこ
とよろ
2017年始の挨拶一番乗りだ!

前回2016/12/21給油 22,332km
本日2016/12/28給油 22,400km(走行距離68km)
IMG_20161228_075300

満タンにして70,000VND(362円)
362円 ÷ 68km = 5.32円/km

前回は50,000VNDで給油したので、正確な数値を出すため、毎回70,000VNDで給油したほうがいい。

本日2016/12/21給油 22,332km
IMG_20161221_020627

前回給油が2016/12/07で22,233kmであった
http://sa1g0n.blog.jp/archives/10131018.html
このため22,332- 22,233 = 99km
支払額50,000VND = 259円
259 / 99 = 2.6円/kmとなる。
日本であれば交通費は10円/km~20円/kmぐらいだから、ガソリン代はかなり安いことになる。
とはいえ今後も計測を続け、より正確な交通費が算出できるようにしたい。

バイクを買って5か月近くになり、いよいよエンジンがかかりにくかったり、アイドリングでエンストするようになった。
これは非常に危険である。
つまり、信号待ちでいざ出発というとき、さらには渋滞で速度が0になった瞬間にエンスト。
今まではたまたまラッキーなことに後ろから突っ込んでくる奴がいなかったが、普通に考えて突然エンストしたら追突されるリスクは非常に高い。
そこで早めにオイル交換をする必要があると思った。
バイク屋で言うべきセリフ「thay nhớt dùm tôi」
メカニックは140,000₫と150,000₫の2種類のオイルを提示したので、高い方を選んだ。
さらにそのメカニックはオイルにくわえ、よくわからない液体も交換を進められた。
費用 オイル150,000₫ + よくわからない液体70,000₫ = 総額220,000₫
これを高いとみるか安いとみるか。

なお、オイル交換直後の走行距離は21,572.6kmであった。
IMG_20160921_134034

エンジンをかけた瞬間、かかりの良さに驚愕する。
さらに加速もよくなり、アイドリング時のエンストもなくなった。
実はハノイでのオイル交換は50,000₫なので価格差に唖然としたのだが、これだけの効果があるのであれば新しいバイクを買うよりも安いのでいいだろう。

さて、気になるのは次回のオイル交換。
「3000kmまたは6ヶ月」
だそうなので、25,000km達成または2017年3月のどっちか早い方。
5か月前バイクを買った時の走行距離は10,000kmそこそこだったので、25,000km達成もあっという間だろう。

↑このページのトップヘ