VIET★STAR ベトナム✖ライフスタイル=ベトスター
http://www.vietstar.asia/vietnam/saigon-info/damcuoi2013-1/
http://www.vietstar.asia/vietnam/saigon-info/damcuoi2013-2/
http://www.vietstar.asia/vietnam/saigon-info/damcuoi3/

もともと同ブログは日本人が言えないようなこともはっきりと言ってくれるところで、特に領事館は税金の無駄と言い切るスタンスに好感を持っていた。
さらに、同ブログの著者もベトナム人と結婚しており、しっかりと地に足のついた人柄がうかがえる。
著者はホーチミン近郊での結婚式なので文化が違い、昼過ぎから結婚式、夜から披露宴となっているが、大まかな流れなどは同じはずなので参考にしたい。
北部で18:00の披露宴は寒すぎて地獄だし、おそらく南部で日中に行うのは暑すぎるのだろう。

惜しむらくは「3日目」となるはずである日本式の結婚披露宴の記載が未完となっていること。
著者にリクエストをしたいが、同ブログは2016年9月からコメントの受付を停止しており、意見を伝えることができなくなってしまった。
気が向いたら「3日目」の記載を期待したい。

蛇足ながら、同ブログでは領事館の怠慢ぶりが露呈されている。
http://www.vietstar.asia/vietnam/saigon-info/nihonryojikan2/
JICAでは、「パスポートは命の次に大事」と口を酸っぱくして言っていたが、その「命の次に大事」なものを「投げるように渡し」たそうである。
言ってみれば心臓移植手術を担当する医者が、心臓を投げるように渡したのと同じ。
さらに著者はレジテンスカード詐欺未遂にあっている。
これ、俺の前職の同僚も被害にあったんだけど、レジテンスカードってパスポートにホチキス止めされることが多い。
それで、カウンター越しにパスポートを渡した際、すきをついてこのレジテンスカードを引きちぎる犯罪。
俺の前職の同僚は結局レジテンスカードは戻ってこず、観光VISA作る羽目になった。時間と金の損害である。
著者は領事館には警戒心をもってあたっていたためこのレジテンスカード詐欺に気付き、すぐさま取り返したため未遂に終わったとのこと。

------------------------------------

2017/06/23追記
その後同ブログに3日目が掲載されていた。
http://www.vietstar.asia/vietnam/damcuoi4/
同ブログに3日目が掲載されていた

なんたる偶然と思って読み込んでいくと、きっかけは俺の要望だそうだ。
同ブログにコメントができないため、この一文を書くことで御礼に替えさせていただく。

------------------------------------
2017/06/26追記
Facebookでも取り上げられていた。
https://www.facebook.com/groups/hanoi.japan/permalink/1727055680928838/
234rfweft343

この方、いろんなリンクを張り付けている宮本 信生さん。
日本語グループを主催している上にベトナム名も持っているのでおそらく教師会メンバーかもしれない。
リンクの貼り方を見ていると、半年や1年も前のリンクを今更のように投稿しているので、そのブログを読み込んでいるというのではなく、たまたま検索で引っかかったのを貼っているだけなのだろう。
上述のVIET★STAR(現在は「ベトナムで生き抜く術」に改名)をよく貼っている。
日本語表現の稚拙なVieThichも貼っているのは弘法にも筆の誤りと言ったところだろうか。
彼のFacebookを読み込んでいくと、ハノイのLy Thai Tho公園でコマ回しをしている日本語教師と同じぐらいの技術があるようだ。
年配の方かと思っていたが、実はまだ若いのかもしれない。
さらに読み見込んでいくとホームパーティーに呼ばれたメンバーの中でハノイでねずみ講の勧誘をしている日本人の名前があったので、もしかして彼も勧誘を受けたのかもしれない。