元外交官が教えるベトナム人と結婚する方法

旧称「サイゴンの色(しき)を好む」から名称変更。 外務省社会人採用からの文部科学省出向からのベトナム国ホーチミン市(サイゴン市)赴任。 英雄色を好むの色(いろ)を色(しき)と読み、日本の四季と違って年化を通じて安定した気候に恵まれたサイゴンの色(しき)を好む英雄の集まりに焦点を当てる。

2017年04月

Cho thuê căn hộ chung cư
Cho thuê nhà riêng
Cho thuê nhà mặt phố
Cho thuê nhà trọ, phòng trọ
Cho thuê văn phòng
Cho thuê cửa hàng - ki ốt
Cho thuê kho, nhà xưởng, đất
Cho thuê loại bất động sản khác

賃貸マンション
家賃の家
路上でのレンタル
賃貸住宅、モーテルの部屋
オフィスを借ります
レンタル店 - キオスク
リース倉庫、工場、土地
不動産の他のタイプのリース

http://batdongsan.com.vn

店員の怒号と食後の腹痛でおなじみ田所商店が一周年記念で20,000VNDになるとベッターに書いてあった。
IMG_20170427_165208

この田所商店、知人によるとブンブンブンハエが飛ぶらしいのだが、果たして1年経って多少はまともになっているのだろうか。
行くと、いつも誰もいないはずの店前に人だかりができている。
IMG_20170427_172225
IMG_20170427_172911

普段なら絶対来ないような家族連れなどもいる。
日本人学校の生徒とその保護者もいる。
どうしても外交関係だと日本人補習校の先生のバイトの口もあり、日本人学校の生徒や保護者と顔見知りということも多い。
日本人補習校の校長先生は社長なのでみんな知ってたり。
バイトは土曜日なので受験指導に定評のある人は結構やっている。
俺は遠いからスポット的に1度だけ先生バイトをしたが、かなり割はいい。
生徒の保護者と直接知り合いなら即採用されるし、日本人の小中学生と話す機会はあまりないので面白い。

さて、見まわしたところJICA、国際交流基金、JVCC、領事館連中の顔はなかった。
やはり民間と違い田所休暇はなかったのか。
と思ったら、ロシア出産でホーチミンの在留邦人の間で超有名なさかもとさんがカウンターに陣取っていた。
旦那さんの姿はなかったので、領事館をさぼることができなかったようだ。
アオザイ会のバザー以来、こんなところで有名人に会えるとは。
なお、アオザイ会のバザーよりも田所商店の方がはるかに混んでいた。

さて、1時間ほど待つ羽目になるのだが、口約束をしていた友人が来た。
たしかにこの日一緒に行こうぜと言っていたが、仕事もあるので確約はしていなかった。
有言実行の友達を持ってうれしく思う。
さすがに一人だとあの待ち時間は耐えられなかっただろう。

幸い晴れていたし、友達がきて話しながらだったので1時間待ちはあまり苦にならない。
そういえば俺のブログで友達なんて言葉が出たのは初めてではないだろうか。

なお、どこぞのカメラマン(性別は女だが)が「後ろ姿で結構ですので写真を撮らせてください」さらには店内の写真を望遠鏡なみのでかいカメラで取ろうとして店員に断られて逃走している姿もあった。
客は腐るほどいるので、「謝礼金を払うので適当に写真を撮っておいてください」といえば手間もかからないのだが、こういうところで仕事ができるできないがわかってしまう。
さもなければ、自分が客として食事をすれば店側もむげにはできないだろう。
金を落とさず写真だけ取りたいというのは言ってみれば入場料払わずにディズニーに入るようなものだろう。

入店すると注文後すぐラーメンが来た。
20,000VNDに見合った具材、味であった。
普段の値段がいくらかは知らないが。
ラーメンは一人一杯だけ注文できる。
そういう制限を設けないと一人で5杯ぐらい注文してあっという間になくなってしまうのだろう。
それぐらいの量であった。
混雑はしていたが相席はなかった。
でかいテーブルに少人数の客ということで恐縮であるが、待ち時間はあっても入店したからには落ち着いて食べてほしいということであろう。
退店時にくじ引きがあり、お菓子などがもらえる。

さて、今回の印象だが、ホーチミンの日本人社会の縮図という気がした。
おそらく圧倒的な金持ちはこのレベルの安売りに飛びつかないので来ないのだが、逆に新卒やインターン連中、なんだかよくわからない不法滞在レベルもいない。
これはベッターを読んでいないということなのか?
その中間、一応所帯をもって旦那さん、奥さん、10歳以下の子供による家族連れ、なんとなく会社員っぽい集まり、仕事帰りの単身者、老夫婦、などなど。
日本人女性で会社員っぽいのはまだましだが、そうでないのは卑屈で陰険な表情をしているのが多い。
日本人男性は総じて元気。
ホーチミンは良くも悪くも日本人が多い。
周りを見ると、自分より高い給料をもらっているのではないかと思っても、ラーメン一杯20,000VNDにディズニーのごとく並ぶ時点で所得はどんぐりの背比べ。
他人の給与明細を見ることはできない。
しかし、どんな店で食事をしているのかは給与明細を映す鏡。
同じ店に来ている時点で、まあ同じぐらいの経済力ということになる。
よほど仲がいい人でない限りお互いの給与額なんて聞かないし、仮に聞いたとしても(税金の補助が)年間一千万円とか答えてる。
国が払う額なんで嘘じゃないな。

そう思うと、今回の田所商店大安売りは、単にラーメンを安く食えたということにとどまらず、何か実践的な経済学、そしてホーチミンの日本人による人間模様、仕事ぶりを学ぶことができる有意義な機会であった。

飛行機に乗るまではだいぶ期間があるが、何となく気になってベトナム航空のサイトにアクセスしてみた。
が、これが見てよかったというか、見なかったら大変なことになっていた。
01
02


------------------------------------------------------------------
未確定のフライト
予約をしたフライトのうち少なくとも1便が未確定です。ご利用可能なオプションを確認するには弊社にお問い合わせください。

この区間のフライトのスケジュールが変更(出発また到着時刻)になりました。弊社までご連絡の上、内容をご確認ください。

運賃規則
お客様のご旅程に関する運賃規則の取得で問題が生じました。 航空会社にお電話にてお問い合わせください。
------------------------------------------------------------------

なんだこれは?
良くわからないが、ほおっておくと飛行機に乗れない可能性もある。
しかし、出発前日(事実上当日)のチェックインの時に気がついたらいったいどうなっていたのか。

日本に住むベトナム人、Lê Thị Nhật Linhさん9歳を殺害した松戸市立六実第二小学校のPTA会長Shibuya Yasumasa(澁谷恭正)46歳が捕まった。
大使の梅田邦夫さんが被害者の実家に謝りに行ったそうだ。
梅田君謝罪したね
111112222

この犯人の子供は ひりゅうくんとあやかちゃん。
3232r2r2r

毎日日本食レストランに行ったり、現地で携帯電話やPC等の高価な電化製品を買わなければ、理論上毎月10万円は貯金できる。
賞与も貯金に回せば年間130万円となる。
ベトナムで家を買うには2,000,000,000vnd、日本円で約9,700,000円が必要だ。
9,700,000 ÷ 1,300,000 ≒ 7.5
となるので、8年間頑張って貯金して将来に備えたい。

さて、携帯電話やPC等は壊れたり盗まれたりしない限り買い替えの必要はないが、食べ物ばかりは合う合わないもあり、やはり日本食レストランに行くことはゼロにはできない。
とはいえこれを週1にしたり、隔週にするなどして極力無駄な金を抑えたい。
というのも、日本食レストランの場合
1. 高いのにまずい
2. 高いけどうまい
の二通りだ。
対して現地向けの場合
1. 安いけどうまい
2. 安いだけでまずい
があり、狙うはもちろん1となる。

昨日ホーチミンIT飲み会というイベントがあり行こうと思っていたが、あいにくと歯医者の予約があり参加を見合わせた。
が、歯医者に行くと、まだ部品が出来上がっていないと言われる。
「明日また来てくれるかな?」
「いいわけねーだろ!」
これだったらホーチミンIT飲み会行けたべや。

なお、ホーチミンIT飲み会でググっても個人のブログが出てこない。
主催者の勧誘はあるんだけど。

これかな~

http://vygaku.jp/20160108_12/
2016.01.12に関西方面に行ったようだ。
日本旅行の旅費を日本人男性が全額出し、にも関わらず文句を言われるという内容。
金を出して傷つけられるということになる。

http://vygaku.jp/20160103hatumoude/
2016.01.04東京
「前日の夜の買い物で、数日前に引き出した金がすでに結構なくなってしまっているな~みたいな感じのことから、機嫌を損ねてしまったようで」
金は全部日本人男性が出したの?

「例えば、今回彼女が来てから、20万円ほど引き出して財布に入れていたのですが、それが一週間後になくなるレベルです。」
結婚式でもしたの?

http://vygaku.jp/20160103/
2016.01.03
”今回は、実家の両親に少しでも顔を見せる機会があるかな~と思っていたのですが、それに関しては、「恥ずかしいから」という理由で固辞。”
これは他に恋人がいることが明らか。

念のため他の記事も読んでみる。
「陣取った場所の前に照明があって、若干視界を遮り、それに対して不満を言われる」
文句言うな!

「着物は来て、東京のお寺などで写真を撮りたいということで」
金も手間もかかるのにそれを丸投げという時点でお察し。

http://vygaku.jp/20150902/
2015.09.03に北海道。
「この帰りに、なぜか、彼女の友達が花火大会に行った動画を見せられて、花火大会に連れて行ってくれないと言って、怒りだされまして・・・。」
怒ることじゃないよね。

にも関わらず日本人がホーチミンに来たときは女はろくにエスコートしないようだ。
あきらさんもそうだけど、これでもその相手と続けていくのがサンクコストなのだろうか。

今日のNHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/vi/news/201704141604_vi_01/
上記リンクは24時間後に無効になるので、本文を貼る。
---------------------------------------------------------
Thứ Sáu, ngày 14 tháng 4 14:08
Cảnh sát sẽ thẩm vấn nghi phạm trong vụ sát hại bé Nhật Linh
Cảnh sát tỉnh Chiba, gần Tokyo, đã bắt giữ một người đàn ông do bị tình nghi đã vứt bỏ thi thể bé Lê Thị Nhật Linh, người Việt Nam, hồi tháng trước. Nghi phạm là hội trưởng hội phụ huynh học sinh tại trường tiểu học của cô bé.
Thi thể bé Nhật Linh, 9 tuổi, sống tại thành phố Matsudo, đã được phát hiện trong đám cỏ gần một kênh thoát nước ở thành phố Abiko bên cạnh hôm 26/3. Cô bé được phát hiện trong tình trạng không có quần áo trên người.
Sáng thứ Sáu, cảnh sát đã bắt giữ Shibuya Yasumasa, 46 tuổi, sống tại thành phố Matsudo. Người này được cho là làm nghề kinh doanh bất động sản.
Các nhà điều tra cho biết kết quả giám định mẫu ADN tại hiện trường hoàn toàn trùng khớp với ADN của nghi phạm.
Theo ủy ban giáo dục thành phố và các nguồn tin khác, Shibuya là hội trưởng hội các phụ huynh học sinh trường bé Nhật Linh, đồng thời là thành viên nhóm tình nguyện phụ trách đảm bảo an toàn cho các em học sinh đi học.
Bé Nhật Linh mất tích sau khi rời nhà đi học hôm 24/3. Thi thể của bé được phát hiện 2 ngày sau đó.
Cặp sách và quần áo được cho là của bé Linh đã được tìm thấy bên bờ sông Tone, cách nơi tìm thấy thi thể cô bé 20 km.
Cảnh sát dự kiến sẽ thẩm vấn Shibuya với nghi vấn giết người.
Một phụ nữ 75 tuổi sống gần nhà nghi phạm bày tỏ rằng bà thấy sốc khi nghe rằng một cư dân trong khu vực có liên quan đến vụ án này.
Một người đàn ông có con học cùng lớp với bé Linh thì nói ông sửng sốt khi nghe tin người bị bắt là hội trưởng hội phụ huynh. Ông nói thêm rằng chắc hẳn bé Nhật Linh biết nghi phạm.
---------------------------------------------------------

日本に住むベトナム人、Lê Thị Nhật Linhさん9歳を殺害した松戸市立六実第二小学校のPTA会長Shibuya Yasumasa(澁谷恭正)46歳が捕まった。
この犯人の子供は ひりゅうくんとあやかちゃん。
3232r2r2r


また、同じくNHKニュースでは被害者の父親Lê Anh Hàoさんへインタビューをしていた。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/vi/news/201704141604_vi_02/
---------------------------------------------------------
Thứ Sáu, ngày 14 tháng 4 14:08
Bố bé Nhật Linh: Tôi chỉ muốn con gái tôi sống lại
Anh Lê Anh Hào, bố của bé Lê Thị Nhật Linh, đã trả lời phỏng vấn của Đài NHK qua điện thoại sau khi nghi phạm trong vụ sát hại con gái anh bị bắt. Anh Hào hiện đang ở Hải Phòng, Việt Nam.
Anh Hảo trả lời phỏng vấn bằng tiếng Nhật. Anh nói khi nghe cảnh sát thông báo về việc bắt giữ nghi phạm, anh nghĩ điều đó thật tốt, tuy nhiên không chắc liệu người bị bắt có phải là hung thủ thật sự hay không.
Nghi phạm là thành viên nhóm tình nguyện giám sát các em học sinh trên đường đi học. Tuy nhiên, anh Hào nói anh không biết người này, thậm chí không nhớ mặt người này.
Anh Hào chia sẻ, nghi phạm là tình nguyện viên đảm bảo sự an toàn cho học sinh, vậy thì làm sao cộng đồng có thể bảo vệ được con gái anh. Anh nói điều đó không thể ngờ được và thật đáng sợ.
Anh Hào nói việc mất đi con gái là nỗi đau khủng khiếp. Anh nhắc đi nhắc lại rằng anh chỉ muốn con gái anh sống lại.
Anh Hào cũng cho phóng viên biết anh sẽ quay lại Nhật Bản vào Chủ Nhật để gặp cảnh sát.
Anh nói thêm anh cảm thấy lo sợ khi quay lại, nhưng đó là điều anh phải làm.
---------------------------------------------------------

残業が多く、連日9時や10時まで続いた。
夜7時以降だか8時以降まで残業する場合は弁当が会社支給となるので、毎日ファミリーマートの弁当。
ホーチミン市にはいたるところにファミリーマートがある。
逆にセブンイレブン、ローソン、デイリーヤマザキは見当たらない。
最初は、毎日夕飯がただ飯でラッキー!と思っていた。
が、1か月後にのどや頭や腹が痛くなったり、結果的に病院送りに。
ファミリーマートを食べて、病院へ行こう。

ネットで検索すると、「コンビニ弁当は死を早める」などのページがあり、さもありなんと思った。
http://macrobiotic-daisuki.jp/tenkabutsu-convenience-1808.html
------------------------------------------------------------------
2-1.コンビニ弁当を食べ続けた豚が死んだ。
西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分った。具体的なコンビニ名を報道しないことについて同社は、「公表するとパニックになる」と説明した。
------------------------------------------------------------------
コンビニの廃棄食品をただでもらって家畜のえさにするとあの世送りになる。
「おめだずが、彼女を、死(す)に、追いやったんだ!」というトリックの登場人物のセリフが思い出される。
雑食動物の豚でさえ死ぬのだから、人間がコンビニの弁当やおにぎりを毎日3キロずつ食べたらただでは済まないことが西日本新聞の体を張った実験で明らかにされる。

グリコ森永事件で、「グリコを食べて病院に行こう。グリコを食べてあの世へ行こう。」と犯人は煽った。
ベトナム在留邦人にとっては「ファミマを食べて病院に行こう。ファミマを食べてあの世へ行こう。」

1111
11222


JICA職員の中には、「自分たちの仕事は政治家の機嫌取り」と言ってる人もいますよ。
なんとつまんない仕事wwwwwwwww
てか、JICAで国際協力やろうなんて甘い考えは捨てないといけません。
国際協力には興味ないんですが、タダで外国の豪邸に住めるのには興味ありますw
それなら適任です!
やった!wwwwwwwwwwww

ベトナム隊員のブログだ。
http://minavietnam.blog.fc2.com/?no=158
--------------------------------------------------------------------
規定額は、合意書とそれに基づくハンドブックに、細かく記載がされてある。例えば、ベトナム隊員の場合、月325ドル(ちなみにシニアボランティアは1,500ドル)。

私が派遣されているベトナムは、全土で統一されている。合意書にもとづく契約上、ベトナムの任地において、どこに住もうと、月325ドルが上限となる。

数ヶ月前の引っ越しの際、私もその金額を念頭に、大家さんと交渉した。その途中経過をJICA職員(調整員さん)に報告したところ、電話口から耳を疑うような発言が飛び出したのだ。

「この金額はハノイ中心部だけですから。あなたの任地だとそんなには出せないって決まっているので。○×ドル以下にしてください」

・・あなたはどう思うだろうか。「おかしいけど、仕方ない」と思う人。「おかしい」と思う人。「おかしくない」と思う人。それぞれだろうが、私は「おかしい」と思うし、「仕方ない」とは見過ごせなかった。
--------------------------------------------------------------------

ハノイ中心部で325ドルという時点でまともな所には住めないことは火を見るより明らかだが、中心部ではないとはいえ、それ以下の家賃ともなれば家畜並みの生活だ。
ブログのタイトルが「牛の背に抱かれて」とはそういうことか。

また、SVがJVの5倍の家賃というのも突っ込みどころ満載だろう。
中間をとって、みんなが800ドルぐらいのところに住めば極端な不満は出にくい。
JICAがこのような狂ったやり方をするのであればそれを逆手にとって40過ぎたらSVに応募しよう。

JICA職員から連絡があり、三井物産の人が話を聞きたいとこのこと。
ただ、こちらを採用するとかいう以前のレベルで、単に「JICAでどういうことをやっていたのか話を聞きたい」という暇つぶしのようなものだ。
ちょうど広島遠征を控えていて早く帰りたかったのでその日は断り、ただ逃げ道として、「広島から帰ってきたらいいですよ」と向こうのメンツも立てておいた。
その後三井物産から連絡がなかったのでやはりその程度だったのだろう。
結果としてその後民間に天下った。

ベトナムに住んでいる日本人のブログは多い。
有意義な内容であればコメントをすることもあるが、それに対し、返答は3パターンに分かれる。
1. 返事があり、好意的な内容。
2. 返事があるが、上っ面だけ
3. 全く返事がない。ただのしかばねのようだ。

もちろん1番いいのは1だろう。
具体例はこのタイで単身勤務中の女性のブログで、一見さんにも非常に好意的。
http://thaiol.blog.shinobi.jp/
この方は真面目に働いているのだが、なぜかタイでは家族に寄生するニートが幅を利かせているというよく分からない現象があり、彼女はそれに警鐘を鳴らしている。

2と3は上記の家族に寄生するニートが書いているブログで、アメーバを利用したものが多い。
内輪でコメントしあっているようで、普通の人がコメントしにくい。

が、さらにやばいパターンとして、
4. せっかくコメントしてくれた人にケンカを売る
というものが発見された。

例1
コメント:これからもベトナム語訳付きのブログよろしくお願いします。
返答:申し訳ない。お断りします。 自分のブロク、自分の書きたいように書きます。
98595555

http://homnayangi.blog.fc2.com/blog-entry-1185.html
これを見て、「え?」って思う。
これって、「背伸びしてベトナム語でブログ書いてやがる。まっ、せいぜい頑張れよ」ぐらいのものだろう。
それを執筆依頼か何かと勘違いしたのだろうか?「お断りします」とは思い上がりも甚だしい。
これにはコメントをした人も噴飯ものだろう。

例2
コメント:ベトナム語クラスってどこにあるんですか?
返答:ベトナムの学校にあります。
121212121

http://homnayangi.blog.fc2.com/blog-entry-1087.html
アメリカのジョークで、「トイレどこ?」「化粧室にあるよ」というものがあるが、これは英単語のtoiletがいわゆるトイレという部屋ではなく、大便器を指すので、外国人が英語圏に行ったときに陥りやすいとされる。
化粧室であるrest roomはどこか聞かなくてはならない。

が、このコメントに対する返答は精神障害を疑うレベル。
このブログを書いている人間がベトナムに住んでいることは読めばわかる。
普通であれば、そのベトナム語クラスが行われている学校の名前や住所を書くということは小学生でもわかる。

このブログだけじゃないけど、最近、というかブログというものが世に広まったあたりから、間違っている人間が増えた。
一言でいうと、「チラシの裏にでも書いてろ」
blogはWeb logの略だから、ログとして他の人がみて有益なもののはず。
が、世界中のいろんな人に見てもらうという意識がない。
ブログは見たくなければ見ないで済むからまだいい。
Facebookなどは見たくない投稿も勝手に表示されるから始末が悪い。

さて、ベトナム語クラスがどこにあるかという元の質問に対する答えたい。
おそらくこのブログで書かれているのは大学のクラスだろう。
名称:Trường Đại học Khoa học Xã hội và Nhân văn(ホーチミン市人文社会大学)
住所:10-12 Đinh Tiên Hoàng, Phường Bến Nghé, Quận 1, TP.HCM
ここの駐車場近くの建物が外国人向けベトナム語教室を開催している。
場所こそ大学だが、単に間借りしているだけで、実質はカルチャーセンター扱いだ。
ここに通っても留学生にはならないので注意されたい。
料金は初級コースで日本円換算で12万円。
なんと、学部か大学院の正規学生の授業料と同じだ。

2017年3月はいつもと違いイレギュラーな出費が合計で27,184,000VND(133,210円)もあり、2017年4月の給与支給日まで金を下ろすことができない。
厳密にはおろせるのだが、クレジットカードの引き落とし額と預金残高がほぼ同じ。
おろしてから給与支給日までの間に引き落としが来たら不渡りを出してアウト。
なお、引き落とし日は毎月一定ではないうえに、いつになるかわからない。
過去事例からすると、毎月3日~10日の間であった。
そのため4月の給与支給日までは節約したり、高い支払いはクレジットカード払いとしている。
逆に言うと、3月に何もなければ13万円貯金ができていたということ。
ホーチミンはハノイと違い現地食がまだ食べられるレベルなので、無駄な出費を抑え、住宅購入などに充てたい。

ここのところ平穏を保っていた歯がまた痛み出したので歯医者に行った。
安いローカル歯医者があったのだが、医師が遅れてくる上に通訳もいなくなったので不安を感じスターライトデンタルクリニックに行った。
残念ながら前回いた日本人医師はいなくなっていたが、ベトナム人医師は英語で話せるので言葉の壁はなかった。
ただ、値段は日本人医師の時ほどではないが、診察(レントゲン撮影)だけで700,000VND(3,430円)、今後の治療費の見積書は40,000,000VND(196,000円)であった。
root canal treatment(根管治療)というらしい。
内訳としては虫歯を取るのに5万円、被せ物に11万円、さらにその他、という具合であった。
健康を保つために必要な治療とはいえ、日本円で約20万円は高すぎる。
「ホーチミン 歯医者」でぐぐってもなぜか自分が以前書いたブログがヒットするぐらいで、目新しい情報はなかった。
相談というよりはむしろ雑談のつもりで妻に話したら、安い歯医者を見つけたという。

名前:Kim Hospital
住所:31 Nguyễn Đình Chiểu, Quận 1, TP. Hồ Chí Minh
かかった治療費:
 虫歯取る16,000,000VND(7,840円)
 レントゲン100,000VND(490円)
 合計:1,700,000VND(8,330円)
IMG_20170401_180331
IMG_20170401_180245

ただしこれは初回の支払いであり、今後被せ物の費用が別途発生する。
とはいえ、虫歯取る費用が外国人向けの6分の1、レントゲンが7分の1だったので、被せ物の値段も2万円ぐらいなのではと予想される。

ネックとしては医師も患者もベトナム人ばかりなので言葉の壁があること。
受付はベトナム語オンリーだが、医師や助手は英語でのやり取りができる。
今回は(次回も)万全を期して妻の付き添い、立ち合いのもと治療したが、何回か行って受付とも顔見知りになれば一人で行ってもいいだろう。
さらに特筆すべき点として、土日も営業している点が挙げられる。
土曜日営業はあまり珍しくないが、日曜日営業は大変貴重な存在だ。

また、1区ということで日本人の患者がが相当に多いだろうと予想したが、日本人どころか外国人はいなかった。
ビンメックや日本人向けの歯医者とかに行って待合所で隣近所の患者が日本人のときのあのイヤーな空気はもうおなかいっぱい!という向きにはお勧めの歯科といえるだろう。

↑このページのトップヘ