帰省に向けて荷造りが急ピッチで行われる。
Le Loi通りののんびりJICAの馬鹿工事とは雲泥の差の早さだ。
お土産だけで段ボール1個分にも上った。
ストリートチルドレン友の会の運び屋ボランティアという名の押し付けをされたらどうしようかとひやひやしたが、そもそも最近アオザイ会飲み会がなかったのでばれようもない。

蛇足ながら、ホーチミン82年会(HCM82駐妻会)と呼ばれる団体があり、これはアオザイ会になじめなかった人たちで反旗を翻して構成されているようだ。
そもそもアオザイ会というのは無職主婦の集まりであり、旦那の役職が高いと(会社が違えば役職では比較できないが、どうするんだろう?)その配偶者である無職主婦がいばっているという無意味な風習があるそうだ。
滑稽なのは対して仕事をしていない大使館、領事館勤務の夫を持つ無職主婦がいばっているらしい。逆じゃねえか。
それに嫌気がさした人たちでホーチミン市内にどんどん新しい団体を旗揚げしているようだ。

しかし、先日の東日クラブで領事館勤務の夫を持つ人のスピーチを聞いたが、特に威張っている様子もなかったので、「旦那の役職が高いという理由で無職主婦が威張る」はデマではないだろうか。
タイなどではそのような事例が多く報告されているが、少なくともベトナムではあまりないのかもしれない。
ただしこちらが外交官あがりであり、数年前から国連業務を担当しているということで俺に対して上から目線の人が現れにくいのかもしれない。
もし単なる一般人であったら、どうだろうか。

さて、妻が帰省のことを周りの人に話すことによる影響が懸念されたが、個人的な買い物を依頼されただけ、それも金は後払いではあるが払うようだ。
少なくとも、「これを日本に持っていってほしい」系はなかった。
まんまるで日本人学校帰り、日系企業御用達有銀行帰りの労働者とばったりあったがいずれも会釈程度で込み入った会話もなく、そこから情報がもれることもなかった。